【はじめての方へ】体験レッスンへ参加してみよう♪

こんな悩みや問題はありませんか?

演奏における身体の痛みや不快感がある

もっと楽に効率よく演奏したい

本番になると普段通りに演奏ができない

演奏しているうちに身体に力が入ってしまう

調子が出るまで時間がかかってしまう

声が枯れてしまう・出しにくくなる

最近になって急に緊張するようになってきた

演奏途中で集中力がなくなってしまう

力の抜き方が分からない

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンは、楽器のレッスンと同じように継続すること・定期的に学ぶこと、そして長く続けてレッスンを受けることが大切です。

繰り返し体験を通して学ぶうちに、上記に書いた悩みや問題に効果が出てきます。身体の使い方・自分自身の考え方のクセなどが分かることで、また問題が出てきたとしても1人で解決策を見つけることができるようになります。

 

ー体験者さんの声ー

<意識を「今」に向けることによって集中力が高まりよりクリエイティブなマインドになれた>

FullSizeRenderグッドモーニングアメリカ たなしんさん


練習ではあり得ないような致命的なミスしてしまうことがあり、原因が分からなく悩んでいて、そんなときにアレクサンダーテクニック(山口さんを紹介してもらって)相談してみようと思った・・・
【グッドモーニングアメリカたなしんの体験談の続きを読む】

身体の扱い方次第で、もっと上手くなれる可能性がまだまだ秘められてる

photo1-3
シンガー/作詞家/ヴォイストレーナー S-KEY-Aさん


アレクサンダー・テクニークは、自分と向き合う大切な時間。
自分が向上するため、ヴォーカルのレッスンで生徒にも教えられたらいいなぁって気持ちからアレクサンダー・テクニークに興味を持ったんだけど、

【S-KEY-Aさんの体験談の続きを読む】

 

アドバイスを受ける前に叩くのと、受けた後に叩く音の音量、足のブレなさ、リズム感が全然違う‼

IMG_7125.JPG

ROTTENGRAFFTY  HIROSHIさん


自分でも何かいつもと感じが違うけど、落ち着いて気持ちよく叩けてるような気がした。
他の人達が叩くのを見て、USK氏にアドバイスを受ける前に叩くのと、受けた後に叩く音の音量、足のブレなさ、リズム感が・・・
【ROTTEN GRAFFTY HIROSHIさんの体験談の続きを読む】

「具体的なイメージを持つ」ことと「それを実現するためにプランを試す」こと!

nishii04 西井”いがっちょ”啓介さん


ここ最近で1番体が動いた時より、イメージより少し動けなかったり、イメージ通りのドラムが叩けてないなーと思うことが多くなってきていた時期だったので・・・。
【西井”いがっちょ”啓介の体験談の続きを読む】

 

<バイオリニスト 岡友紀子さん>

「何が?どうして?」と問いかけられることで、普段考えていないところ考えてみることができました。人のレッスンされているのを見るのも変化がみえて勉強になりました。少し手をそえてもらって少し助言してもらうことで自分の予想しない音が出るのはおもしろいです。ありがとうございました!!

<ピアニスト・講師 岡部桂永子さん>

体のいろんなパーツに関して思い込んでいたことと、実際の場所のちがいに驚きました。肩こりが解消できそう。頭の位置、肩甲骨や指や腕の動きのこと、股関節の場所と動かし方などを知れたのがとてもよかったです。

体の仕組みを知る事で、かなり体も心もラクになることを、いろんな人に教えてあげたいです。

<フルート Oさん>

フルートは吹き込む上で息の抵抗のない楽器なので、吸い方や支えの感じ方などをいつも意識するようにしていました。でも逆にそれが良いブレスのじゃまをしていたのかな?と今回受講させていただいて感じました。(力が入りすぎていた?)ちょっとした意識の持ち方で、立ち方も楽になり、吹き方も無理なくできておどろきました。日常生活でも、いろいろと気をつけてみたいなと思いました。

<クラリネット Iさん>

とても面白かったです。今まで何気なく良い姿勢だと思っていた姿勢が響きを止めていたんだなと気づきました。ほんの少し変えただけで、より自分の出したい音に近づいたのは衝撃的でした。

 


IMG_6383

20140907-092022.jpgこれは名古屋での講座ですが、このようにスタジオでも骨格模型を使って実際の身体の構造を見て学び、自分に当てはめてみることで身体の機能的なデザインを上手に利用できるようにします。

IMG_6571.JPGレッスン後は晴れやかな顔に自然となることが多いです。

これからどんな練習をしようか、ライブで試してみたいとやる気満々のみなさん。

 

 

レッスンは安心のマンツーマンレッスン

「今日何をやりたいですか?」

レッスンはここからスタートします。

あなたのやりたい事、聞きたかったこと、解決したい悩みや問題がテーマです。

じっくりと時間をかけて取り組むので「1人では気づけなかったこと」「新しい選択肢の発見」と悩みや問題の解決の糸口が見つかります。


レッスンの流れ

レッスンでは主に次の流れで進めていきます。
  1. 望みをハッキリさせる
  2. 今どんな方法で取組んでいるのかを観察し分析する
  3. 新しいプランを立てる

1.望みをハッキリさせる

IMG_5347

例えば、

「力を抜く」ことに気をとられているあまりにいつの間にか「どうやったら力を抜けるか?」が目標となっています。でも本当は力を抜く為に演奏をしているわけじゃないはず!

「もし、力が抜けてやりたいように演奏できたとすれば、どんなことを期待しますか?」

これを考えていくことがミュージシャンとしての1つの望みとなります。

飛行機が1度違った進路を取れば、違う国に到着すると言われてるように目指す場所がハッキリさせておきたいですね。

変化が多いミュージシャンですから、目指す場所はいつもアップデートさせて最新のものにしておきましょう。

 

2.あなたが何をしているかを見せてもらいます

t02200146_0480031812319428060
 

例えば、高い音が出しにくい、力んでしまうなど問題があれば、

・身体はどんなことをしていますか?

・その時に何を考えていますか?

 

身体と考ていることの両方を一緒に見直していきます。

 

あなたが演奏においてどんな考え方を持っているのか?

この「なぜ?」と改めて質問し、これまで当たり前と思っていた演奏方法に「待った!」をかけます。

 

この質問のやり取りをしているうちに、

「身体の構造や仕組みに合わせて動けているのか?そもそも可能なことをしているのか?」

「高い音を出すためにどんなことを考えているのか?プランはあるか?」

「考えていることと実際にやっていることがマッチしているのか?」

すると、頭ではできてる・分かっていることでも、実際に同じように行なえていないことに気づくことができます。

 

こうやって現実に起きていることを評価なしに観察・分析します。

 

3.新しい役に立つプランを立て実践する

候補13

観察・分析で得た情報を整理して、新しいプランを立てます。

このプランは身体の仕組みにそった考えや、目標を達成するために役に立つプランであれば何でも私は使います。

いつのまにかこうしなきゃいけないと思っていた思考が意外とたくさんあるもの。

言われるまで気づきもしなかったことだってあります。

その自分ルールを保留して、刺激的でもあるアイデアを通して、新しいプランを試してもらいます。

上達するために効率的なのは、1つ1つ順を追って身につけることです。

 

そしてまだまだ上手くなれることを実感できることがこのレッスンの魅力です。

初心者の頃を思うと発見が楽しいし、上達している実感がもっとあったはずです。

アレクサンダーテクニークレッスンでは、今からでも充分に上達することは可能です。

私はそれを実感している時の生徒さんの目がキラッとなる瞬間が何より嬉しい瞬間です。

 

レッスンを体験した生徒さんの声

BrHTSVpCIAEXQDx
生徒さんからの体験談を紹介させてもらっています。
レッスン写真などもあるので、ぜひご覧ください。

 

【レッスン体験談はこちら】

様々な人物や教育機関で取り入れられています!!

では、アレクサンダーテクニークをまとめると、ミュージシャンやパフォーマンスをする人にとって、いつのまにかやってしまっている癖・習慣が原因でうまくいかないことを解消するとても効果的で実践で成果が出せる方法です。

主に

・力みや身体の過剰な緊張

・ステージでのあがり症の克服

・緊張や癖が原因の繰り返してしまうケガ

・困難な壁を乗り換えるプランを立てられる

・身体能力の向上による技術・音色・音質の向上

・表現能力・想像力・発想力の向上

このような点で大きな効果が見込めます。

そのため、アレクサンダー・テクニークは次のような人物や教育機関が積極的に取り入れています。


教育機関

・ジュリアード音楽院

・ギルドホール音楽院

・英国王立音楽大学

・ドレスデン・ウェーバー音楽院

・ミュンヘン音楽演劇大学

・フランクフルト音楽・演劇・舞踊大学

・カリフォルニア州立大学バークリー校音楽学部

・ノースウェスタン大学音楽学部

・東京藝術大学

・大阪芸術大学



人物

・ポール・マッカートニー(歌手)

・スティング(歌手)

・ポール・ニューマン(俳優)

・ジョン・クリース(俳優)

・ケヴィン・クライン(俳優)

・ジェームズ・ゴールウェイ(フルート奏者)

・ユンディ・メニューイン(バイオリニスト)

・鈴木重子(ジャズシンガー)


また、ドイツ、イギリス、スイスといった国々では医師の処方があればレッスン料の全額または一部が保険でカバーされるため、腰痛や肩こりといった身体的諸問題の治療にも大変役立っています。


最近ではメジャーデビューしてテレビで見かける有名なバンドまでレッスン来られます。

大阪であればMIKIミュージックサロンで現役講師向けの講座をさせてもらったりと、幅広くミュージシャンに認知されています。

そして、日本のドラマでも取り上げられましたよ。
t02200139_0800050412945253541

あの高島礼子さんがアレクサンダーテクニークの教師を目指す勉強している役です。
ついにゴールデンの時間でアレクサンダーテクニークという言葉が全国放送で流れる時代が来ました。


山口裕介USKのプロフィール

■2013年にアレクサンダーテクニーク教師資格を取得し、2年でのべ3,500人、セミナー200回以上を行ない様々なミュージシャンの悩みや問題のサポートした経験があり、伸び悩みや問題を抱えているミュージシャンに対して「具体的で分かりやすい」「実践ですぐに使える」レッスンができる。

■無料冊子「緊張を味方につけるために知っておきたい7つのステップ」が配布開始で400部すぐに在庫切れとなる。今では、冊子をもとにより実践的で本番で使えるアイデアを直接伝えるために毎月セミナーを開催し、ほぼ毎回満員御礼となる。

■大阪芸術大学 舞台芸術学科講師をつとめることで、ダンサーの身体の使い方や伸び悩みなどのサポートを現在も行なう。ミュージシャンだけでなく、パフォーマーすべてに共通する悩みや問題に対して、具体的なアイデアやプランを提供できる。

BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師
ドラマー/ドラム講師

大阪芸術大学 舞台芸術学科 ポピュラーダンスコース
「身体バランス」と「音楽実習ドラム授業」 大学1年〜3年を担当 2013~2016年まで

MIKIミュージックサロン心斎橋ANNEX ドラム講師
MIKIミュージックサロン心斎橋サロン アレクサンダーテクニーク講師 2013~2016年まで

和歌山吹奏楽アレクサンダー・テクニーク普及協会最高顧問

2014/4月より1年間、大阪国際大和田中学校 非常勤教師に就任
中学1年生の総合学習を担当。
私立中学の授業に取り入れられるのは日本初!→詳細ページへ

管楽器専門誌poco a pocoにて毎月アレクサンダーエクササイズを執筆 2011年~2013年まで
詳細ページへ(バックナンバーを電子書籍pdfで読むことができますよ♪)

BODYCHANCEにて、ジェレミーーチャンス・磯村恵子・キャシーマデン・サラバーカー・グレッグホールダウェイ・ヴィヴィアンマーキー・ルシアウォーカー・ローザルイザロッシ・トミートンプソン・片桐ユズル・安納献・木野村朱美・芹沢紀美子・田中千佐子・土岐織珠子・常木香苗・新海みどり。まだここに書けてない方もいるほど、多くの実績のある教師からレッスンを受ける。

<プロミュージシャンへのレッスンも行う>

グッドモーニングアメリカ ベーシストたなしん
ROTTENGRAFFTY ドラムHIROSHI

<これまでの出張講座 例>

青森県陸上自衛隊第9音楽隊
秋田県高等学校音楽教育研究会
大阪音楽大学 声楽部会主催FD研修会
大阪音楽大学 トロンボーン専門合奏特別講義
広島県吹奏楽連盟主催 指導者講習セミナー 打楽器部門担当

13173747_892943260831264_3759896232570487200_n

<吹奏楽>
石巻高等学校 吹奏楽部
三重県桑名西高校 吹奏楽部
大阪国際大和田中学・高等学校 吹奏楽部
京都朝鮮中高級学校・吹奏楽部
南河内吹奏楽初心者講習会 パートリーダー・顧問向け講座

<楽器店・スクール>
三木楽器 MIKIミュージックサロン心斎橋
MIKIミュージックサロン講師向け指導力向上のためのセミナー
パワーサウンドスクウェアー アレクサンダーテクニーク講座

<出張セミナー> 

山下浩生 先生門下生トロンボーン夏合宿にてバジルクリッツァーと共に参加
東京・管楽器専門誌poco a poco 読者向け講座
名古屋 「音楽をする人のためのアレクサンダーテクニーク講座」@ドルチェ楽器 名古屋店
神戸『PERCUSSION A GOGO! 3~世界の音楽と打楽器展』第1回3回まで連続参加
京都大作戦・ポルノ超特急・FM802 RadioCrazyにてロットングラフティーのドラムトレーナーとして参加
大住シンフォニックバンド

2019年より拠点を関西へ!

2013年から勤めていて2016年には上京し本社にてマネージャーをしていたアレクサンダーテクニークの学校BodyChanceを2019年3月にて退職。

東京でやろうとしていたことはやり遂げられたため、大好きな大阪に戻り、2019年5月より大阪・兵庫にてレッスンを開始を予定しています。

 

 

それまでにレッスンを受けてみたいなどご興味があればぜひ!!

以下のフォームよりお問い合わせください。

24時間経っても返事がこない場合は、恐れ入りますがusk@usk-drum.infoまでご連絡ください。

■ご質問・ご相談は以下のフォームを使ってご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

※フリーメールをご記入された場合。 こちらからの返信が届かない場合があります。(特に携帯のアドレス、hotmailのご記入はお避けください)2、3日後に返信が無い場合は、迷惑メールフォルダをご確認の上、ご連絡ください。

今回のご用件をお選びください。(必須)
 体験個人レッスン 出張セミナー依頼 質問・相談

レッスン・出張セミナーを選択された場合は日時を、質問相談はご自由に要望をご記入ください


  1. deaabe2d1a4a28c51bf61bc4abda0d3a_s

    うまくいかない時こそ

    うまくいかないならちょっと遠回りがいいみたい
  2. o0480036012995327804

    活動情報

    京都大作戦でアレクサンダーテクニーク!
  3. 64177737c40687c27903635597f55a6b_s

    活動情報

    新年あけましておめでとうございます
  4. 10604552_709431192468432_2937570614475891556_o

    活動情報

    9/12(金)ミュージシャンのためのアレクサンダーテクニーク体験講座
  5. IMG_6840-0.JPG

    うまくいかない時こそ

    大切なのは目的!自分に合う選択をしよう
PAGE TOP