力みの原因とは!?原因を探るための2つの質問で力み解消を目指す

IMG_0123

どうも、大阪でアレクサンダーテクニーク教師をしている山口裕介 USKです。

 

力を抜きたい時って力を抜こうとすることを努力していないでしょうか?

僕はレッスンで脱力方法より力を入れる方法を伝えるために試行錯誤しながらアイデアを見つけてきました。
力みは適切な場所に適切な力がはいっていないからだと言われます。

だからこそ、脱力ではなく必要な場所に必要な力の入れ方を理解したいなーと思って、アレクサンダーテクニークや身体の仕組みを勉強したりと色々と勉強して取組んできました。

その中でも僕が興味あるのは考えていることが身体に影響するという点です。

そこで身体の仕組みやノウハウよりも前に、気づいておきたいことがあります。

 

力みの原因を知るための2つの質問!

力が入りすぎてるのは、演奏中ずっとではないですよね。

力みが取れないんですと聞くことがありますが、よく考えてみるとずっとではなくてある特定の傾向や条件・状況などがあるはずです。

 

<1つ目の質問>

「力んでしまうのはいつ、どのタイミングですか?」

 
  • 複雑なフレーズの時
  • テンポの速い演奏をする時
  • 大きい音を出そうとした時
  • 曲始めのカウントを出す時
  • よくミスをしたフレーズ
  • 楽器を構えた瞬間
  • 楽器を見た瞬間 などなど
この中でもいいし、思いついたものを1つピックアップしてみます。

 

<2つ目の質問>

1つ目で出た回答に対して、2つ目を考えます。

 

「その直前に何を考えましたか!?」

または

「どんなことをイメージしたのか!?」

 

さてどんな答えが浮かびましたか?

 

ミスしないように、うまくやらなきゃなー、ちゃんとできるかな?そもそもこれでいいのかな?なんて、僕はよく考えてたりしました。

 

今でもその考えのパターンは減りましたが、まだまだありますね。こうやってまずは自己分析をしてパターンに気づきましょう。ここが見えて来れば、大きな一歩になります。

要するに力みは何かに反応した結果とも言えます。

 

何に反応したのかに気づけばほとんどゴールです。その反応に気づくだけでも力みはずいぶん減ったりするんですよ。これは簡単な質問やし、ちょっと時間を作って考えれば1人でも十分に見つけられるはずです。

 

さらに力みを減らしたいなら、その反応が起きないような具体的なプランを見つけて実行すること!

 

でもでも!まずはここから始めます。僕自身もレッスンでも同じことを大切にしています。
自分のことを知ることで自然とやるべきことは見えてきます。先を急がずにまずはあなたの反応しているパターンを観察してみてください。

 

1つでも見つければ、2つ3つと続けて見えたりすることもありますよー。
1人では難しいならあなたにあったプランを提案するのが僕の役目です。

力み解消の糸口を一緒に見つけましょう!!

【無料のグループレッスン見学に申し込む】

ゆうすけメルマガ最新版


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る