左右対称にしようとする落とし穴!見た目や動きではなく音で判断する

IMG_0051.JPG

こんにちは、アレクサンダーテクニーク教師の山口裕介USKです。

左右対称に!
左右のバランスをそろえる!

よく耳にする言葉の1つだと思います。

それに左右バランスよくしないと表現しきれない演奏や動き方がありますしね。

利き手じゃないほうはなかなか利き手ほど動いてくれないので、揃えるのに苦労します。

 

今回はその左右差を揃えたい気持ちが強くなりすぎちゃった時の落とし穴についてです。

レッスンで生徒さんと一緒に見つけたことなので、許可をもらった上で書かせてもらってます。

(※以下、右手を利き手として書いていきます)

 

 

左右対称を目指す気持ちが強すぎた結果!

ドラマーとのレッスンで「手足の左右対称を目指しているので、それを見ていきたい」とのこと。

 

僕も左右対象を目指していた時があったので、気持ちはすごく分かります。

それに左右対称にしようとする練習はけっこう好きでもあって、黙々と取り組んでる時はなぜだか楽しかった思い出があります。

 

しかし、このドラマーさんにとってはそこが落とし穴でもありました。

 

ドラムセットを前にしてイスに座り、スネアドラムを左右交互に「タカタカタカタカ」と叩いてくれました。

 

そこで行われていたことは、

 
  • 右手の動きをじっくり見る
  • 右手を参考に左手を動かす
 

しっかりと左右対称にしたいから利き手である右手そっくりにしたいとのこと。

 

今回見えてきた動きは、右手全体を見たいのか、のぞき込むように首が前に出ていて、胴体は丸くなっていました。

 

でも「今日は叩いてみてどうでしたか?」って聞いてみるとけっこう綺麗に揃ってるんじゃないかと思いますと言われ、僕も同じ意見でした。

 

すると生徒さんは、

 

「ドラムセットで叩く時になるとまた左右差が出てしまうんですよね。それもどうにかしたいです。」

 

次にドラムセットで実際に叩いてるのを見せてもらうと驚きの事実が!!

 

さっき、スネアドラムだけで左右交互に叩いてもらった時に、

右手をのぞき込むように首が前に出ていて、胴体は丸くすることが始まりました。

しかもさっきより、もっと首が前に出て身体を丸めてました。

 

「左右対象に揃えたいって思うと、身体は練習していた時と同じ反応をする!?」

 

となると、スネアドラムだけで左右を揃える方法が他にもあったほうがいいと思い、次の事を試してみました。

 

 

左右対称は見た目でなく音で判断する

動きを同じようにする取り組みの新しいアイデアとして「音で判断する」です。

 

たしかに右手の動きをまねるのは参考になります。

ただ動きをまねようとしている時に、他のカラダが無理な努力をしていないかには注意しておきたいですね。

 

例えば、

・目はどこを見ているか?

・頭は前や後ろへ傾けすぎてないか?

・座り方は?立ち方は?演奏している時と同じようにしてる?

 

腕だけ左右対称と部分的な行動をしようとすると、他のカラダを固めて安定させようとします。

要は注意したい部分に対して、他は感じなくしたいので固めちゃうんですね。

 

もしかすると生徒さんは右手と左手だけのことを考えたかったので、
首を固めて胴体を固定することで腕だけを感じられるようにしたかったのかもしれません。

 

腕の感覚を感じたいために、他の身体を固定して力んでいることで充実感が得られ感じられているように錯覚をします。

 

要するに頑張った感です、こうやって満足感を得ようとしたい時がよくあります。

 

考えてみてください。

うまくいってる時は、感覚はハッキリしているけどカラダの頑張った感じはほとんどないと思います。

うまくいかない時ほど、力んでいます。

腕の左右対称のように部分的に取り組んでいる時は、全体がぼんやりします。

視界も狭くなっています。

 

そうすると部分的な満足感を得ようとすることで感覚も部分的になり、腕以外の残の身体を固めた上での評価になりがちです。

それに、左右対称になっているかを感覚で評価することは正確に判断できないと思います。

 

あまり部分的な感覚に頼らずに、身体全体を含めた上で取り組めることはないのかな?

 

左右対称にする、バランスを揃えたい時は、最終的に「音で判断すること」ことが1つの選択肢にもなります。

 

出したい音が出ているかで判断してみてはどうか!?

 

このアイデアでまたスネアドラムのみで演奏してもらうと、左右の動きに意識する時よりもグッとばらつきが減って音色も良くなりました。

次にドラムセットで演奏してもらっても、首を前に出して丸くなる反応はほとんどなくなって納得いく演奏ができました。

 

 

じゃあ、左右対象にする時は音で判断するのが得策かというと、必ずしもそうではないです。

このドラマーさんにとっては今回うまくいったアイデアなのかなって思います。

 

練習の時の取り組み方がいざ演奏になった時に無意識についてきて、良い場合もあれば今回の場合もあります。

 

あまりうまくいかないなって時には、

ふだん自分が取り組んでいることがどんな方法で、どんな動きをしているのか?

そして、演奏になるとどんな影響があるのか?

 

これに気づいて理解することができれば、またうまくいかない時期が来ても自分で乗り越えられます。

 

1人ではなかなか気づきにくいこともあるので、
BODYCHANCEではあなたの代わりに動きを観察するスキルを持った教師がたくさんいてサポートします。

 

無料レッスン見学を行っているので、ぜひ参加してボディチャンスメソッドではどんなことしてるのか見に来てくださいね。

【無料のグループレッスン見学に申し込む】

 

 

ゆうすけメルマガ最新版


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る