スキアさん体験

レッスン体験談

身体の扱い方次第で、もっと上手くなれる可能性がまだまだ秘められてる@シンガー S-KEY-A(スキア)さんの体験談

今回は、メディアでも話題のアーティストの作詞を手がけたり、シンガーとしても活躍するS-KEY-Aさんの体験談をご紹介させてもらいます。
歌に活かすだけでなく、ヴォイストレーナーとしてもアレクサンダーテクニークで学び身につけたことを、すぐに実践して次のレッスンには理解を深めてくるスキアさん。
僕も次のレッスンではどんなことをテーマに持って来てくれるか楽しみにしてます。

 

1.レッスンを受けようと思ったのはどんな理由ですか?

“アレクサンダー・テクニーク”と言う言葉を以前聞いたことがあり、海外のものだと思っていたのですが、たまたま三木楽器の講師向けのレッスンが受けれると言うことで受けたことがきっかけでした。

シンガーとしては、それなりに長くやってきているけどまだ緊張と上手く付き合えていないことが一番大きかったかもしれません。

ヴォイストレーナーとしてはまだ講師歴が浅いこともあり、指導に少しでも役に立てばいいなという思いがありました。

 

 

2.レッスンを受けてみて、どんな発見があり何があなたにとって良かったと思いますか?

発見はありすぎるのですが(笑)

その中でも、緊張が起こる理由を知って、緊張することが悪いことではなく、身体の正常な反応ということを理解できたことかな。

あとは、身体のほんのささいな動きで出る声が全く変わると言うこともいい発見でした。

ヴォイストレーナーになってから、「先生なんだから下手になってはいけない」と思いながら歌の練習をしていた時期があって、でもアレクサンダーレッスンを受けたことで、「自分には身体の扱い方次第で、もっと上手くなれる可能性がまだまだ秘められてる」ということを実感できたのはいい発見で、すごく嬉しいことでした。

 

 

3.実際に学んだことを使ってみて、どのような効果がありましたか?

ステージで緊張しなくなりました。最近ですが。

あと、客観的に観察できるようになりました。

生徒さんにも私なりのアレクサンダー・テクニークを使った教え方をすることで、声が出しやすくなったり、発表会でとてもいいステージができていたのがとても嬉しかったです。

生徒さんに教えて生徒さんの声が変わるたびに、「アレクサンダー効果すごい!!」と毎回驚きながら教えています(笑)

 

 

4.今後どのように活かしたいですか?

今後も自分自身のステージに活かしていきたいです。これからの自分のステージが楽しみです☆

あと、レッスンで生徒さんがもっとラクに自由に楽しく歌えるように活かしていきたいです。

 

 

5.あなたの体験をどんな人に伝えたいですか?

私の生徒さんにはもちろん、シンガーやミュージシャン仲間にも伝えていきたいです。

実際に周りの友達で興味を持ってくれたシンガーやダンサー、ミュージシャンと体験レッスンを受けたりしたのですが、みんな何かしら持って帰ってくれたかなと思っています。

でも、自分がやってみて思ったことは、一度受けただけでは全然アレクサンダー・テクニークって理解できなくて、でもだからこそ毎回発見があって楽しいなと思います。

でも、一度受けるだけでもすごく楽しいと思うので、興味のありそうな人にはどんどん勧めていきたいです♪

 

 

S-KEY-A(スキア)さん プロフィール

photo1-3
S-KEY-A(スキア) / 中島早紀(なかじま さき)。1985年生まれ、大阪府出身。

Mariah Carey “Emotions”に衝撃を受け、14歳で歌うことを志す。
その後アメリカ留学を経験し、帰国後は首都圏でのライブ活動と並行して楽曲制作を開始。2006年、Nao’ymt(安室奈美恵, 三浦大知 etc.)とのコラボレーションによる「Boom Boom Boom」でiTunesデビュー。R&B/ソウルチャートで3位のスマッシュヒットを飛ばしたのち、U-Key Zone(宏実, 黒木メイサ etc.)プロデュースによる「アイシテル」(2007年)、人気男性R&BシンガーCIMBAにフィーチャーされたT-SKプロデュース「香水 Part.II feat. 宏実, S-key-A」(2009年)など、主にiTunes配信を中心にリリースを続けるかたわら、ヴォイストレーナーとして後進の育成・指導などにも力を入れる。

彼女の透き通る様なクリスタル・ヴォイスは、常に切ない憂いを帯びながらも、何色にも染まらない力強さを感じさせ、R&Bファンだけでなく多くのリスナーを魅了する。等身大のソングライティングにも定評があり、国内では数少ないオーセンティックなシンガーとして、特に女子中高生など若年層からの注目を集めはじめている。

2013年にはEXILEの妹分であるヴォーカルダンスグループFlowerへの作詞提供、そして2014年にメジャーデビューを果たしたアイドルグループGEMへの作詞提供など、作詞家としても活動を開始。

2014年1月29日には、プロデューサーに石井健太郎を迎えた自身初の両A面シングル『I know…/Gift』を発売。

 

【S-KEY-A Official blog】http://ameblo.jp/skeya-blog/

 

ゆうメルマガ2

 山口裕介 USKの「上達するためのアレクサンダーテクニーク」メルマガです。
登録いただくとまずは7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。

 

 

スポンサーリンク

■ご質問・ご相談は以下のフォームを使ってご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

※フリーメールをご記入された場合。 こちらからの返信が届かない場合があります。(特に携帯のアドレス、hotmailのご記入はお避けください)2、3日後に返信が無い場合は、迷惑メールフォルダをご確認の上、ご連絡ください。

レッスン希望日・出張セミナー依頼・質問や相談などご記入ください

ピックアップ記事

  1. 「まだまだダメシステム」から「そこそこ大丈夫じゃない」システムに移行しませんか?…
  2. 「楽器、分野が違っても、生かすことができることが盛りだくさん!」@1日セミナー体…
  3. TV 出演!「歌え!昭和のベストテン2時間スペシャル」
  4. 緊張を味方につける3つのステップ2017開催します!

関連記事

  1. 10660527_926463934048033_1937216215_n

    レッスン体験談

    「自分が出したいと思う音を出せました」キーボーディスト朝香智子さんの体験談

    2日に一度のペースでライブをしていた関西在住時代、肩を酷使しすぎて…

  2. IMG_0290

    アレクサンダーテクニーク

    【NEWS】来日中のチャジーグリーンにアレクサンダーテクニークを伝えてきました。

    来日中のチャジーグリーンがアレクサンダーテクニークに興味もってくれたと…

  3. 2cb86a3854e372bc32c1453f7a66fbce1-507x277

    レッスン体験談

    3/26(火)ア レクサンダーテクニーク講座 〜石巻高等学校〜

    アレクサンダーテクニーク教師のUSKです。 4月から大阪芸大の非常勤講…

  4. 1392548_744300632314821_2177227081045460999_n
  5. wasano-1-small

    レッスン体験談

    「演奏のしやすさだけでなく、音色までが良くなった」パーカショニスト和佐野 功さん体験談

    私はパーカッショニストとして、ライブやレコーディングで素手で叩くコ…

  6. いがっちょさんバナー

    レッスン体験談

    「具体的なイメージを持つ」ことと「それを実現するためにプランを試す」こと!

    今回は大阪が誇るバンド「カルメラ」のドラムいがっちょさんより、…

教師プロフィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

要チェック!ミュージシャンの体験談

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
  1. wasano-1-small

    レッスン体験談

    「演奏のしやすさだけでなく、音色までが良くなった」パーカショニスト和佐野 功さん…
  2. 724e1f05347d76a3a1fa12007a23442b_s

    アレクサンダーテクニーク

    突発的なほうが緊張しにくい!?鮮度の高い情報が味方になってくれる
  3. 12195884_912019355542947_1507545698817426945_n

    アレクサンダーテクニーク

    なんで緊張する状況に置かれているのかを理解しよう!新宿セミナーを振り返る
  4. t02200266_0471057012070240568

    カラダのレシピ

    腕が楽に!姿勢も変わる「肩甲骨」〜第1回〜
  5. スキアさん体験

    レッスン体験談

    身体の扱い方次第で、もっと上手くなれる可能性がまだまだ秘められてる@シンガー S…
PAGE TOP