安定はバランスが取れていて動きの中で起こるもの!

5eae55f6b7c4451501e44374edcff267_s

どうも!
BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師の山口裕介 USKです。

安定というものはバランスが取れていて動きの中で起こる結果です。

レッスンでも教則本でも
安定させる、支え、しっかり構える、
というのはよく聞きますよね。

ただこの言葉をどのようにとらえているのかは
状況によって異なってきます。
場合によっては
カラダに影響を知らず知らず
与えてしまっている場合もあるようです。

レッスンをしていると
よく考させられる機会に恵まれます。
それはフルート奏者とのレッスンの時でした。
レッスンテーマは、

「最近ピッチが安定しない。
音がいつもより安定しないので安定した音を出したい」

ここで安定という言葉が何度も出てきたので、
それをどんな風に考えているのかなって注目しながら
動きの中で気になったことを質問しました。

USK「右手は動かないようにしてるんですか?」

生徒さん「いえ、そんなことはないですよ。」

USK「そうですか、もう一度吹いてもらえますか?」
そうやってもう一度吹いてみたら、
生徒さん「右手をかなり固めてますね」
と自分のカラダの動きについて気づかれたようです。

 

【観察して分析した結果、推測できること】

最初に<安定>と何度も口に出してましたよね。

もしかすると、

ピッチや音を安定させたいけど、
音が思ったように出ないことで、
右手を固定するようになったのでは?



と推測しました。

 

うまくやろうと思えば思うほど、
カラダは固くなったり力んでしまいます。

 

うまくやろうでは具体的な動きのプランはないので、
カラダはどうしていいか分からず固まることがあります。
うまくやりたいなら、
そのための具体的なプランやアイデアが必要です。

 

では、「固定しないようにしよう!」

これでは固定しちゃいがちなので、
それが結果的に起きない新しいプランにします。

 

習慣をやめられる新しいプラン

右手が少しでも動いていいと思うことで
ピッチや音、響きを調整する役割かもしれない。

 

意識的に右手をもっと積極的に使ってみよう

右手を動かしたくなったら
それについていっても良いというプランです。
支えや安定は、
流動的なものであってほしいですしね。

 

【プランは決まったけど、その前に大切なこと!】

フルートを口まで持って来る前に、

「頭が動いてカラダ全部がついてきて、
そうすることでフルートを口まで持っていく」


と意図することが最優先!!

 

右手だけでなく、演奏は自分が持っている
カラダも感覚も全部が関わっているので
全体を意図することが何よりも大事です。

先ほど提案したプランだと、
右手ばっかりに意識が向くのも避けることができますしね。

 

右手が動けばそれについてくる頭も必要だし、
胴体も左手も脚のバランスもすべて動けるようにして、
つながりは持っておきたいところです。

 

 

流れとしては、
  1. フルートを持って立っている
  2. 頭を動けるようにしてあげてカラダ全部がついてくることで、フルートを口まで持ってくる
  3. そこでまた、頭が動いてカラダ全部も含める
  4. そして演奏中、右手は動きたいだけ動いていいと思って吹いてみる
 

このプランでやってみたところ、

最初は右手はまだ固定しようとしてました。

でもその瞬間に生徒さんは気づいたようです。

 

音を安定させようと思った時に、
また右手を固定しようとする反応に気づいたわけです。

 

発見することができたら大成功です!!

音を安定させようという考えは、
サポートにならないと改めて理解できたわけです。

 

それに気づいた時に、

「音を安定させよう」ではなく「右手は動いてもいい」と具体的な動きのプランに変えてみる。

そうすると、
ピッチがスッとキレイに安定して、音も大きくなりました。

 

僕が聞こえたくらいなので、
生徒さんも吹き終わった後はニッコリ!!

 

安定させなきゃって気持ちが、
カラダのどこかを固定する動きにつながっていたんですね。

 

ここでまたハッキリしたのが、
ただ置き換えるプランを用意しただけでなく、
いつ自分が固定しているのかに気づくこと。

 

これを知る知らないでは大きく違ってくると思います。

 

動きたくなったら動きたいだけ動いていいこと。

それが結果的に音やカラダの安定につながるんでしょうね。

 

 

【指導者としての視点】

今回のレッスンでは1つの質問だけでした。
生徒さんには十分役に立ったようです。
この1つには裏付けは必ずあります。

 

これまでBODYCHANCEで学んできた指導者としてのスキルで、

 
  • 動きを観察すること
  • 分析すること
  • 新しいプランを提案すること
  • 生徒さんも自分も認めること
  • 言葉を聴くこと
  • 質問すること
 

実際はもっと増えると思いますが、
1つの質問とはいえこれだけレッスン中に使っていました。

 

色んな指導法はあって良いと思いますが、
僕にはとても大事なスキルであって、
何より生徒さんのサポートには必須です。

 

観察することや分析することなど、
指導者としてのスキルが学べるように、
18回にわたり学習できタメになるメルマガがあります。

 

BODYCHANCEの音楽専門教師養成コースの授業で行われている内容でもあります。

 

指導力アップ・演奏力アップには、
まず自分自身に適切な指示ができること。

観察・分析・新しいプランを提案するための、
カラダの知識や人の心理を知ることが強力なサポートになります。

 

8月後半から体験入学も始まります。

体験入学スケジュール→【音楽専門教師養成コースの無料体験入学】

指導者としてのスキルを磨くことは、
自分自身への成長にもつながり演奏にも大きく貢献してくれます。

 

 

 

メルマガ『全ての音楽家を天才に』に今すぐ登録する

山口裕介 USKのメルマガです。登録いただくとまずは7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が届きます。
ゆうメルマガ2


【無料のグループレッスン見学に申し込む】

無料レッスン見学を行っているので、ぜひ参加してボディチャンスメソッドではどんなことしてるのか見に来てくださいね。


 

 

スポンサーリンク

■ご質問・ご相談は以下のフォームを使ってご連絡ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

※フリーメールをご記入された場合。 こちらからの返信が届かない場合があります。(特に携帯のアドレス、hotmailのご記入はお避けください)2、3日後に返信が無い場合は、迷惑メールフォルダをご確認の上、ご連絡ください。

質問・相談・感想など書いてください


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る