でもでも病はけっこう危ない〜自分の指導力を磨く〜

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

ある日のサックス奏者とのアレクサンダーテクニークレッスンでのこと。
もっと音を響かせたいというのがレッスンテーマ。

まず演奏してもらいます。
僕が動きの観察をして、見えたことを提案しました。

明らかに音量も上がり、響きも僕が聞いても分かりました。

生徒さんの口からは、

「息は通りやすくなりました。でも・・・もっと響きが・・・」

僕はここで待った!と声をかけます。

息は通りやすくなったのを自分でも気づいているようなんですよね。

しかし、「でも・・・」という言葉が音が響いた経験を手放してしまっています。

気持ちはすごく分かりますよー。
僕もドラムの練習で同じような経験がよくあるんです。

練習では学んだ知識を工夫して使っているので、1つずつ観察すれば音色やスピードアップはしてるんですが、

でも・・・

「スピード上げてもまだ足りない」
「音楽的にどうなのかな?」
「こんなことやってる意味あるかな?」
「もっと他にもやらなあかんことある」
「あの人みたいにまだできてない」

「でも・・・」と出来たことに対して
評価せずにスルっと手放す傾向があります。

最初に望んで初めたスピードアップの練習でテンポ10も上がればそれで充分進んでますよね。

では、「でも・・・」を使う理由はどんなこと??

向上心から来る言葉とでも言えるし、ネガティブと言えばそうとも受け取れなくもない。

「でも・・・」の後に続く言葉に、
「~しなきゃ」が隠れてそうですね。

ただどんな理由にしろ目標を達成した、
目標に近づいたという事実はあるわけですよね。

ポジティブネガティブでなく、事実は事実!

「でも・・・~しなきゃ」を使われる方に、レッスンで何度も出会ってきました。

【自分は成長した、うまくなっている】なんて、先生の前では言っちゃいけないなんて思ってるかも!?

「お前はまだまだやのに、現状に満足するな!」と言われるとか思っていたりするのかも?

少なくとも僕は先生の前では言えないタイプです。
「自分なんてまだまだです」が口癖なくらいの性格。

アレクサンダーテクニークの教師を目指す過程で、レッスンを繰り返している中でこの性格が根強いなーと理解できました。

BODYCHANCEの先生は僕が選ぶことはいつも肯定してくれて「前に進んでる」と気づかせてくれます。

むしろ今のままでも充分できてるよというようにも聞こえてきます。

「ちょびっとしか進んでないやん」と思っても、
先生はそれに気づいたことだけでもいいね!と言ってくれます。

「うーん、それでいいのかな?」とすぐに信頼しない性格ですが、レッスンを繰り返してるうちに面白いことが起きてきました。

最初に目標にしたことに少しでも近づくと、「お!できた!」と自分でも「いいね!」と言えるようになったんですよ。

これは刷り込みじゃなくて少ししか進んでいないとしても、「前とは違う・変化している」に気づける力がついてきたんですね。

自分自身の変化に気づける力がついてきてるわけですね。

自分自身の指導力を磨くために!

僕はこの【気づく力】を伝えるのが、
教師の仕事の1つだと思います。

自分で上達している、成長していると
感じられる力がすごく大事です。

先生は生徒さんには上手くなって欲しいし、現状で満足されても困るとはある意味感じるかもしれません。

でも、音楽をしている人で現状に満足するなんてほぼありえないので放っておいても大丈夫ですよ。

もっと上手くなりたいって思うのは人間の自動システムです!

そこで教師はできたことを見つけては、
「どうやった?」って聞いてあげること。

これは1人で練習する時も同じ!

成長したならその都度、
「上手くいってたよ」と伝えること。

そうすることで「今できたんだ」と、
生徒さん自身で気づく力をつけること。

この力が身に付いてくると、

「でも・・・~しなきゃ」



「次はなんだろう?次はどうしようかな?」



「あれしてみよう!」



「~したい」

と、でも→したいに変わってきます。

本当の成長はしたいという「望み」から生まれてきます。

練習の中で見つけていきたいのは、

毎回成長できていること!!

それを自分で気づくこと。

そして「じゃあ次はあれしたいなー」と自然と思えるように!

そうやって自分自身で成長していると実感することを

積極的に取り組めるようになってもらいたい。

これが僕がレッスンを通してサポートしていきたいことです。

最近、大阪でもアレクサンダーテクニークのレッスンは盛んになってきてて嬉しくなります♪

ゆうメルマガ2


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る