声が枯れる原因は恥ずかしさからの反応?!「これがやりたい宣言」は効果抜群でした

d5691f26c50d840cd422e1d09323eb25_s

どうも、山口裕介 USKです。

昨日は奥さんに協力してもらいブログタイトルを変えてバナーも作ってもらいました。パソコン版でしか見れませんが、一番上にレッスン見学無料のバナーも設置しました。お気に入りです!!

さて!
今後も引き続き緊張を味方につける専門家として勉強しながらレッスンを続けていきます!

では今回は緊張を味方につけるセミナーに参加された声楽をされている女性とのレッスンでのお話です。

 

歌っていると声が枯れてしまう

本番の時に声が枯れやすくなってきた。もし声が枯れてしまったらどうしようという不安が緊張になって、他にも余計な力が入りやすくなっているとのこと。

そこで実際に歌っているところを見せてもらいました。

USK「では一度歌ってみてもらえますか?」

少し声を出し始めてすぐに、「あー、今日も出ないです」と歌うのをやめてしまいました。

 

歌おうとした直前にそれは起きていた


少しの間でしたが、観察して集まった情報もあります。

前に出て歌おうとした瞬間に3つのことが見えました。

  1. 身体が後ろへ傾いた
  2. 肩を内側へ丸める
  3. 目は動かさず一点を見つめていた
主にこの3つでした。

良い悪いはないけど、「どんな理由があったのかな?」って僕には興味があります。

歌うことで習ってきたことを実践したり、歌いやすいからやっているのかもしれない。でも、もし気づかずやっていることなら、歌うにはちょっと大変なことしてるなーって思います。

そこで「前に出ていった時に何を思ったの?」と聞いてみました。

生徒さん「とにかく恥ずかしかったんですよ」

USK「それかー!ほんなら何で人前で歌う道を選んだんよー??」

生徒さん「聞いて欲しいからです。でも恥ずかしいです。」

その時はセミナー参加者さんは他に4名いたので、人前で歌うという本番さながらの状況です。初対面の人だらけやし恥ずかしいというのも当然ありますね。でもそれが本番というものです!

恥ずかしいは人前に出るからじゃなくて、下手なところを見せたくない・失敗したくないなど自己評価から来ているのかもしれませんねー。

コントロールできるのは自分だけ!

そもそも歌を歌いたい!
それを聞いてもらいたい!
だからステージに上がってるわけですよねー。

さらに!

USK「聞いてもらった人が無反応だったらどうですか?良い悪いもなく無反応ということです。」

生徒さん「それは寂しい、何かは言ってほしいし反応もあったほうがいいですね」

ということは、若干強引ですけど「人に評価されること」も望んでいるわけですよね♪

ステージに上がるということはは評価されて当然です。
しかも相手の評価はコントロールできないですよね。

どう思われるかを気にしていると、歌うことに集中できずにちゃんとした振る舞いや守りに入る歌い方になってしまいがちです。

コントロールできるのは、自分自身だけであって「自分がどうしたいか」です。

試してもらったプラン

さっきの内容をふまえて、何万通りもあるプランの中から今回は次のことを試してもらいました。

「自分は人前で歌いたくて歌っている」
「見られることも望んでいる」
「聞いてもらいたいから歌っている」


これを声に出して(頭の、中でも良い)自分にハッキリと宣言しましょう。

USK「ではもう一度歌ってみてください」

生徒さん「声が出しやすくなりましたし音量も増えたと思います。」

参加者のみんなもうなづいたりと誰もが分かる響きのある歌声でした。

この時に見えたのは、最初の3つの動きがずいぶん減っていたことです。

後ろに傾くことなく、肩を丸めるのもやめて、目線は聞いてくれている人を含めて見ているようでした。

このことから3つの動きは恥ずかしさをどうにかしようとするための動きだったのかもしれません。

恥ずかしさへの反応で身構えてしまって、声が枯れるきっかけを作ってしまったのかもしれませんね。

 

「これがやりたい宣言は効果抜群」


恥ずかしいのは当然あっても良いことですよ!

ただこれから人前で歌うといった日常ではない高度なレベルのことをやるんやから、<恥ずかしさへの対処>+<歌うこと>は大変やし歌うことへの力の配分が減っちゃいます。

かなり練習してきたんやし、やっぱり成果を出して気持ちよく歌ってるところをみんなに聞いてもらいたいですよね。

歌うために身体の仕組みをどう使うかが役に立つ場合もあります。

でも今回のように「自分がどうしたいか」をハッキリさせて「これがやりたいんだー」と宣言することで「これから自分は何をするのかをハッキリさせる」ことで身体が動きやすくなってくるんですね。

セミナーを何度も開催して多くの人とレッスンしてきましたが、緊張の仕組みや問題はホントに人それぞれです。

レッスン内容が同じだったことが一度もありません。

だから「自分がどうしたいか」ってことをハッキリさせておくことはすごくすごくすごく大事なんです!

山口裕介 USK

【緊張を味方につけるために知っておきたい3つのステップセミナー開催中!】

 

【7日間のメールレッスン!無料メルマガのご案内】


山口裕介 USKの「上達するためのアレクサンダーテクニーク」メルマガです。
登録いただくとまずは7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。

 下の画像をクリックしていただくと登録ページへ移動します。

ゆうメルマガ2

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る