あなたは当てはまりますか? 周りの評価を気にしてしまうこんな出来事

6641b19be932d8758322f7c1765e956c_s

どうも、山口裕介 USKです。

最近は来年から緊張を味方につけるセミナーはどうしようか?
よくカフェに行って1人会議をしています。ただコーヒーが飲みたいだけとも言えます。

さて今回は緊張を味方につけるためのセミナーで話題になる話シリーズです。

緊張する、あがってしまう方にはよくあるはず!
それが「周りの評価を気にする」ことです。

「ミスして下手だと思われたらどうしよう」
「先生に何て言われるやろう」
「今日の衣装は自分だけ変じゃないかな?」
「あの人つまらなさそうな顔してる!」

こうやって演奏中や本番前に考えてることが多いんですね。
「僕だけじゃないわ、良かった!」といつも話を聞けてホッとしてます。

必要以上に緊張してしまうきっかけはたくさんあります。
それも心理的なことから起こりやすいです。

なのでこのブログでは緊張を味方につけるためのヒントとして!
自分の価値観、考え方のクセのように普段の考えからつながってることを1つずつ整理していきたいと思っています。
さて今日はこの「周りの評価が気になる」をテーマで進めていきます!

探偵業務が緊張をほぐす道

周りの評価を気にしちゃうこの思考パターンをどうやって静めていくのか?

問題解決つながる思考と行動を取れるようになるために、僕が普段から取り組んでることで、大事な大事な大事なポイントがあります。
ここを整理しておく、おかないとではずいぶん行動が違ってきます。

それが「事実」と「解釈」です。

【事実と解釈って?!】

事実:
実際に起こったこと

解釈:
体験や経験に基づいて自分なりの意見や理解が入ったもの

事実をどう捉えてどんな解釈をするかで、その後の行動がずいぶん変わってきます。

前にも評価のないただ起きた事実を見ることが成長につながるよと何度か書いています。
参考記事:でもでも病はけっこう危ない〜自分の指導力を磨く〜


そこで事実として何が起きているかを探偵になって洗い出していきます。
まず僕の体験もとにお伝えします。

解釈の早さに驚いた瞬間!


最近、数年前にアメブロで書いていたドラムの過去ブログを整理してます。

少し手を加えて更新しているのですが、そこにこんなコメントが来ました。

「読みにくかったです。興味がある分野なだけに」

がーーーーん!!

その時、すぐに出てきた気持ちは、

  • 自分のブログは読みにくい
  • まだまだ勉強が足りない
  • もう書かないほうが下手に伝わるよりはいいのかも
などなど、自分の評価を下げるのが最初に来た反応です。

すぐにそう解釈してしまいました。

素早い反応でしたねー。

頭が固まって動きが止まったのが分かりました。

僕が解釈したことの事実を見直す

ではここで事実を見てみましょう。

この方は、

・力みや筋肉などカラダのことに興味があること
・Facebookの「いいね!」は19はついていた
・今回の記事は読みにくかった
・コメントをしてくれた
・今回のブログが読みにくかっただけ
・すべてを読みにくいとは言っていない
・ブログは読んでくれた
・このブログが読みにくかっただけ
・わざわざコメントを書いてくれた
・だからブログはちゃんと読んでくれている
・このブログ記事だけが・・・はあはあ

ふぅ、、、頭の中は必死です!

すぐに解釈したくなるので、事実だけを書き出すのは意外と難しい。


 

ここで大事なポイント!!

できるだけ事実にそって書き出してみることです!

改めて書き出してみると、見えてくるものが変わります。

先ほどのように自己否定的な反応が少しおさまっているのがおわかりでしょうか?どうでしょうか。

そうすると違った解釈もできます。

・ブログ全部がダメなんて一言も言ってない。
・興味が分野のことは書けている
・いいねは増えているので全員に言われているわけではない
・わざわざコメントまでしてくれるなんて応援してくれているのかもしれない
・書き方をもっと工夫すれば、もっと興味を持ってくれるかも

他にも出てきますね。

事実を見極めると僕が最初にやったような大雑把な解釈ではなくなりますね。

このコメントをいただけた方には感謝しています。!
こうやってブログも書けたし、次は見やすい記事にするぞーってやる気も出てきました。

ぜひ試してみてください!


こんな風に事実と解釈について改めて考え直すことは大事ですね。

解釈を減らすと事実だけが残ります。

事実から情報を集めていくことで余分な緊張はずいぶん減ってきます。

事実は変わらないもの。

解釈は無数にできて変えられるもの。

普段から考えておくことで、本番で使えるようになります。

楽器の練習と一緒ですよね。

そこで自分はどんな解釈をしているのかに注目!

普段何気なく口にしていることを捕まえましょう!

・演奏は下手なんです!
・うまくできないですよー!
・自分はまだまだです!
・初心者なので分からないです
・自信がないんです

本当にすべてが下手?
何を基準に判断して下手と言っている?
うまくできないのは何で、うまくできてることもあるはず。
まだまだと思える部分と、ここはそこそこいけてるんじゃない部分もあるはず。

無理にポジティブに考えるのではなくて、
まずは自分が解釈している事実を見つけにいってみましょう。

こちらも参考になれば→ポジティブ・ネガティブとサヨナラ!もっと気持ちを穏やかにして演奏するための心得


ここは注意してください

僕の今回の反応のようにすぐにダメだーって否定してしまうのはある意味、条件反射とも思えます。

批判ぽいことを言われたら、
自分を疑う→評価を下げる→固まり行動できなくなる。

この流れは自分を守るために習慣的にやってきてしまったことなんですね。

やりたくてやってきました。
望んだ結果ではないですが、その時に必要だったからです。

なので、「すぐネガティブに考えちゃう!ダメだなー」と思っても大丈夫です。

今は起きてしまうことであって、別に問題ではありません。

まずこの自己否定的な反応を先にしたいんだなって認めること。

ただそのままでいると固め続けるからしんどい。

だから事実を洗い出して他に選択肢がないかなって探してみましょう!!


次回予告:
この話を芸大の授業で行ないました。
普段どんな事実と解釈があるかを提出してもらいましたので一部紹介します。
生徒も掲載OKを快く返事くれたので嬉しい!!

山口裕介 USK

【7日間のメールレッスン!無料メルマガのご案内】


山口裕介 USKの「上達するためのアレクサンダーテクニーク」メルマガです。
登録いただくとまずは7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。

 下の画像をクリックしていただくと登録ページへ移動します。

ゆうメルマガ2

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る