その判断ちょっと待った!「事実と解釈」について芸大生2人+1の考察

10348549_686280614783490_8972140198025187278_n

どうも、山口裕介 USKです。

先日のブログの反響でコメントをたくさんいただけました。

「すぐにダメなところを探してしまうことにもつながってると思った」
「ジャッジしないで、観察をしてみるようにします」
「私は解釈が大好きなようです」

コメントいただけるのは本当に嬉しいですね。

前回記事:
 「あなたは当てはまりますか? 周りの評価を気にしてしまうこんな出来事」
「演奏中に余計なことを考えてしまう!集中力をあげるためのオススメの方法」

すぐにジャッジしたり解釈したがる思考パターンが緊張を生んでいるんですよね。

昨日の記事のように事実を洗い出すのは最初の頃は大変でしたが、
今では心強い味方になってくれています。

昨日の記事内で必死に事実を集めにいってる様子は伝わりましたでしょうか?(笑)

事実と解釈は今後も続くテーマの1つですよ。

芸大の授業でも取り上げてみました

芸大の授業で「事実と解釈」について話をしました。

授業の最後に「この2つを普段どんな場面で使ってるか」をプチ宿題にしました。

ダンスに関連づけて見つけてくる生徒もいれば、
個性豊かな回答もあって興味深い結果となりました。

その中から2人のコメントを紹介させてもらいたいと思います。

快く掲載OKをくれた杏梨と隆浩ありがとう!

 

杏梨   大阪芸術大学ポピュラーダンスコース2回生

私はいつも心の中で先に
解釈が浮かんでから事実を口にしていました。

特に同期とかライバル視してる子には
勝手に心の中で解釈が生まれてて
でも口にしなかったりってことが多いなって思いました。

今教えてるチアダンススクールの生徒に
声かけるときは先に事実から浮かんできてて、
そのときは事実を伝えるのではなく改善から
言っているなっていうことに気づきました。

多分集中してみないといけないと思ってるから
事実が浮かぶけどなにも考えてなくてみてる時に
解釈が浮かんでるんだなってことに気づきました!

 

西川隆浩 大阪芸術大学ポピュラーダンスコース2回生

私が日常生活において
解釈と事実で話している場面は数多くあります。

中でも解釈としてとらえた場面は、
セカンドステージのポジションがついた作品について友人と話していた時でした。

ポジションが後列になるという事実に対して、
後列なのは自分のダンスが良くないからだと悩んでいました。

ですがよく考えると、
後列が良くないと自分が勝手に解釈していただけで
先生に駄目だと言われた訳でもありません。

事実だけをみるとただ後列だっただけです。

もし今回ポジションを決めた先生の基準が、
ダンスの上手さでなく身長を考慮したバランスで考えたのであれば
私の勝手な解釈は全く違っていて、ただただ意味もなく悩んだ事になります。

次に私が事実とした捉えた場面を考えると、
思いついたのは友人の話を聞いていた場面でした。

友人の話は、自分の身に起こった出来事でなく感情が入ってこないため、
事実を事実として捉えやすく、私は客観視して話せてかなり楽でした。

これらをふまえて私は自分の人生において
事実だけで考える場面を増やす事が出来れば、
とても楽になるのではないかと考えこれからは少しだけでも、
事実を事実として捉えれるようにして行きたいと思いました。

 

番外編:

これも「事実と解釈」やなと納得した分かりやすいコメントです。

<これは臭いから絶対にまずい(解釈)
けど本当はめっちゃクセになる感じで美味しい(事実)>

日常から考えると分かりやすい。
ここから考え始める事でダンスでもよくあるなと本人は気づいたようです。

他にもたくさん素晴らしい内容があって、プチ宿題はやってよかった!と思えました。

山口裕介 USK
【7日間のメールレッスン!無料メルマガのご案内】


山口裕介 USKの「上達するためのアレクサンダーテクニーク」メルマガです。
登録いただくとまずは7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。

 下の画像をクリックしていただくと登録ページへ移動します。

ゆうメルマガ2

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る