IMG_1837

アレクサンダーテクニーク

レコーディングで起きた緊張からの脱出プラン!

どうも、山口裕介 USKです。

先日ドラムのレコーディングをしてきました。

当日に決まったフレーズを叩くことになり、練習もセッティングの少しの時間にだけできました。

これがまた左手がよく動くので、音量を出そうとするとコントロールができないなーなんて思いながらレコーディングは始まりました。

案の定、1テイク目はまあまあの出来映え。

そして、2、3テイクと続くうちにどんどんうまくいかなくなってきました。

「俺は一体、何をしてるんやー!」

ということで、じぶん観察タイム。

イントロ・Aメロ・Bメロ・サビがあるとすれば、イントロとAメロが今回初めて叩くフレーズです。

Bメロ・サビは問題なく腕の振りも気持ちよく動けるけど、イントロとAメロは左手が動きにくい。そこでこの2カ所に絞ってじぶん観察をしました。

もちろんこの間もレコーディング中なのですが、もっと良いテイクを録りたいために1テイク分は観察のために時間を取りました。

IMG_1838

最初に感じていた「音量を出そうとするとコントロールができない」のが原因の1つでした。

具体的には、

  • 音量が落ちないように!
  • うまくコントロールをしないと!
こんな声を自分にかけていたのに気づきました。

しかも「力んできた」と感じた瞬間に「力抜いて〜!」とレッスン言ってる事と真逆のことをいうテンパり具合です(笑)

その時「ハッ!」と気づいたのは、僕はあごを上げて少し上を見上げていました。

腕も縮こまっているし、呼吸も浅いし、何より目がどっかにいってましたね。

目は開いているのに、どこか空想の世界にいってる様子。必死に頭の中で考えてはいたんでしょうが、それが逆効果で身体は縮こまっていきました。

まるで過去に書いた記事にあるこんな自分に近いと思います。

FullSizeRender-7 【演奏動画有り】アレクサンダーがある時!ない時!のじぶん分析をやってみました

 

この写真では左手の肘を後ろに引いてますよね。これテンパると出るクセです。

このまま肘から前の腕だけで演奏しようとしていたので、今回のフレーズはさらにやりづらさを増していたと分析しました。

観察・分析できればプランを実行する

さてここまで来れば、あとはもうちょっと!

そこで次のプランを実行しました。

・頭を動けるようにしてカラダ全部が動けるようにする
・夢見がちな目ではなく、部屋全体に視野を広げる
・実際に動いている腕を見て、脚を見て、ドラムセット全体を見る
・腕は前にも動いていい
・左手はもっと積極的に動かしてみる
・その時こそまた全体を考える
・ただ腕を振る・脚を動かすと声をかけ続ける

覚えてるいるのでこれくらいでしょうか。

でもかなり効果的だったのが、演奏している自分のカラダを見て「はい、腕ふって、脚動かして」と当たり前のことを言い続けることでしたね。
これからやることを単純にそのまま言う。
結果的に、それが1番うまくいってレコーディングは無事に終了しました。

今回のレコーディングにおいてはこれがうまくいったかもしれないけど、緊張を味方につけるセミナーでも似たようなことをやってもらって、音が出しやすくなった管楽器奏者・シンガーさんがいらっしゃいましたね。

ホンマに感謝です!レッスンをさせてもらったおかげで僕も救われました♪

ありがとうございました。

それと余談ですが、緊張を味方につける3つのステップセミナーは2月で終了したのですが、5月以降より新しい企画をやろうと考えています。

今回のように自分に合った声のかけ方を知ることで、動きはずいぶん楽になるし変わります。

<緊張しても大丈夫!カラダをスムーズに動けるようにするためのセミナー(仮)>

長い!!(泣)でもこんな感じのセミナーです。

前回と違い、今回はカラダの仕組みや動きにフォーカスした内容にしたいなー。

興味ある人がいるように祈りながら、準備に入ろうと思います。

山口裕介 USK

【入門講座開催中!】

BODYCHANCEの目黒スタジオで入門講座を開催しています。
僕が教えているベーシックコースに混ざって参加できます。

もちろん入門なので、楽器なども持参いただいてレッスンが受けられます。

BODYCHANCEホームページのページからの申し込みとなりますが、興味あればぜひぜひご参加をお待ちしております。

<BODYCHANCE入門講座>
http://www.alexandertechnique.co.jp/basic-course/intro-tokyo/


【7日間のメールレッスン!無料メルマガのご案内】

山口裕介 USKの「演奏がもっと輝くアレクサンダーテクニーク」メルマガです。
登録いただくとまずは7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。

 下の画像をクリックしていただくと登録ページへ移動します。

USKメルマガ のコピー


ピックアップ記事

  1. 緊張を味方につける3つのステップ2017開催します!
  2. 「楽器、分野が違っても、生かすことができることが盛りだくさん!」@1日セミナー体…
  3. 「まだまだダメシステム」から「そこそこ大丈夫じゃない」システムに移行しませんか?…
  4. TV 出演!「歌え!昭和のベストテン2時間スペシャル」

関連記事

  1. t02200293_0480064012984183483

    アレクサンダーテクニーク

    もっと上手くなりたい熱意から新しい発見がある!

    先日は心斎橋BIGCATヘ行ってきました。ロットングラフティの…

  2. 20140907-091758.jpg

    アレクサンダーテクニーク

    プロ活動中のミュージシャンへの個人レッスン

    プロ活動されている方、講師の方向けに個人レッスンを承っております。…

  3. 54f06df3f681675a092ab0b4efc70b9b_s

    うまくいかない時こそ

    ステージに上がるために自信は必要ない?!

    ステージに上がるために自信は必要ない?! こんにちは!US…

  4. 12734136_958195920925290_192578111000378287_n
  5. 9ab434d580723a58c40852275cec9f3b_s
  6. e13ab744c131442d7bab6faea245098c_s

    うまくいかない時こそ

    「ちゃんと」しなくてもベストは尽くせる!

    「ちゃんと」しなくてもベストは尽くせる!こんに…

  1. 957679c7537fd9d65b7e3ecb5ade55f2-1024x682

    レッスン体験談

    アドバイスを受ける前に叩くのと、受けた後に叩く音の音量、足のブレなさ、リズム感が…
  2. 341afe746362a14d495df54a73569929_s

    うまくいかない時こそ

    演奏中はリラックスしてる場合じゃない!ステージでリラックスした演奏を目指すなら
  3. 18740419_1353369454741266_5133163329775414525_n

    本番中にできる

    緊張した時に考えてみてね!
  4. 写真

    終了したセミナー

    11月23日(日)「演奏のために知っておきたい身体のこと」Bodythinkin…
  5. 1392548_744300632314821_2177227081045460999_n

    レッスン体験談

    「知るということは学ぶことの敵である」1日セミナーを振り返って&体験談…
PAGE TOP