原因探しよりもっと効果抜群の質問する力

ƒhƒ‰ƒ€‚©‚ç‚̖ڐü‡A

どうも、山口裕介 USKです。

練習でも本番でも、うまくいかなかったことがあれば「なんでできなかったのか?」を考えてしまうもんですね。

僕もしょっちゅうやってしまいます。

それが習慣的な考えだからなんですけど、抜けないもんですね。

どうしてこんなことを書いてるかというと、スマホを1年ぶりに復帰させて、過去の写真を見てた時に(トップの写真参照)あの時うまくできんかったの何でやろうって考えてました。

「北海道の老舗のライブハウスでお客さんはいっぱい来てくれてるのに、やってしまった、、、。なんでやろう・・・」

そうやって原因をほじくり出そうとしてるとカラダはけっこう重くて、肩を落としたり、呼吸が浅かったんですよ。

失敗やミスした原因を探している間は、ミスした時の動きをカラダが再現しようとします。カラダはその時の動きを覚えているからこそ、思い出すだけでカラダは反応します。

過去に大きなミスをした時を思い出すだけで、カラダが固くなりますよね。それと似たような反応で、大したことないミスでも小さな反応は起きているみたいですよー。

原因探しは、自分に厳しくて追い込むやり方になる場合が多いですしね。

このままではしんどくなってしまう!!そこで、考える視点を少しずらしてみました。

「どうやったらもっとうまく動けることができるか?」

原因を探しにいくのではなく、どうやったらもっとうまく動けるかに視点を合わせて考えていきます。

うまくやれたかではなく、「動き」という点が隠し味です。

実験 カラダの反応を見てみよう!!

①あの時、失敗した原因って何だろう?

②あの時、どうやったらもっとうまく動けただろう?

【ポイント】

①を考えている時と②を考えている時のカラダの動きはどうでしょう!?

①を考えている時、胸や肩を落としてどんよ〜りしてませんか?目線を下に向けてたり遠くにいってませんか?

②だと目線は①より上がって、胸や肩を落とすことなく考えられていませんか?

これは僕の個人的な体験なので、みんな同意できるもんではないですけど。

時には原因を探しにいく時のほうが良い場合もありますよ。

しかし過去を振り返ったり、何かを選択する時などに、カラダが重くなるような状態だと良いアイデアも浮かびにくいと思います。

カラダと記憶はリンクしている

どんよりしたまま考え続けると、そのカラダと結びついてる過去の関係のない記憶まで引っ張ってきます。

記憶とカラダの反応はリンクしてるんですよね。

元気な人でも、カラダを丸めてどんよりさせて「不安だー」x30回も言えばそんな気になってきます。

だから僕の場合は、原因を探してばかりいるとカラダを縮めて重苦しい状態になっているのをやめるために、考え方の視点を変えてカラダの動きを変えていくことを選びました。

うまくいかない、良いアイデアが浮かばない、前向きになれないなど、そんな時は視点を変えるための、

「質問を変えてみる!」これが本当に効果バツグンです。

そこで僕は「原因はなんだろう?」ではなく、「どうやったらもっとうまく動くことができたかな?」へ質問を変えてみるとカラダもスッと楽な状態で考えることができたんです。

どの質問が合うかは、カラダの反応を見てるとよくわかりますよ。

自分に問いかけてみて、カラダが重苦しくない方→動きやすい方を選ぶほうが、その先に出てくる結果が良い方向に進むと僕は信じています。

大事なのは「動き」に注目してみることですね。

USK


【入門講座開催中!】


BODYCHANCEの目黒スタジオで入門講座を開催しています。
僕が教えているベーシックコースに混ざって参加できます。

もちろん入門なので、楽器なども持参いただいてレッスンが受けられます。

BODYCHANCEホームページのページからの申し込みとなりますが、興味あればぜひぜひご参加をお待ちしております。

<BODYCHANCE入門講座>
http://www.alexandertechnique.co.jp/basic-course/intro-tokyo/


【7日間のメールレッスン!無料メルマガのご案内】

山口裕介 USKの「演奏がもっと輝くアレクサンダーテクニーク」メルマガです。
登録いただくとまずは7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。

 下の画像をクリックしていただくと登録ページへ移動します。

USKメルマガ のコピー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る