初めて見る譜面をさらう時どうしてる?

3b956b0e390c9bfe7380646ea6fd831a_s

どーも。
山口裕介USK です。

今日はBODYCHANCEレッスン時のお話です。

管楽器の方で持ってきてくれたテーマは、

・初めて見る譜面をさらうとき!
・しっかり読みきれてない譜面をさらうとき!

気になることは、
「いつのまにか譜面に近づいて、首が固まっていることがあるのでどうにかしたい」

なるほど!

まず固まっていると動きづらいし、吹けないですよね。それはやめたいのは当然かも。

そこで僕の考える前提として動きづらい、固まるような時は何かに反応しているのかもしれない。

もしくは、こうしよう!ああしよう!とやりたいことがハッキリしてないのかも!?


まず演奏して見せてもらいました


僕のお手伝いできることは、

「どんなことが起きてほしいかをハッキリすること」
「いま何を考えているか、どんな動きをしているかの情報を集めること」


そこで実際にその譜面で演奏してもらいました。

スラスラと音は取れるし、流れてはいました。

ただ時々、次のことが起きてました。
  1. え?と首をかしげて一瞬、演奏を止める
  2. 右側に体重を乗せたまま演奏している
  3. 譜面を進むにつれて目が細く、閉じていく
こういった動きには良い悪いもありません。

ただ起きている事実を情報として僕は持っておきます。

その方に「演奏してみてどう?」と聞くと、

表現をどうしようかと迷った時に止まったとのこと。

1の情報とつながりがありそうですね。

 

話をする中で聞こえてきたついやってしまってること


このように話を聞いているとこの方が初めて見る譜面をさらうことは、


・音符を見る
・音符を読む
・音を出す
・fやpなど指示されてる表現をする


最低これくらいは同時にしようとしてたように聞こえるよと伝えました。

すると、どうやらここまですべてをやろうとしてたわけではないようです。

 

そう!演奏し始めるとつい全部を同時にしちゃってたみたいです。

ちゃんとしっかり演奏しようモードですかね?!

 

今やろうとしていることが、演奏モードになってしまって、いつのまにか目的が曖昧になってしまう。

「あれ?今なにしようとしてたっけ?」

スマホでメール返してたのに、いつのまにかFacebook見たり、ネットショッピングしてたり笑

ちょっと似てるかも!?

 

色んな選択肢を選べることが大事!


さて話を戻し、ここからは色々選択肢を用意したいところです。

譜面をさらうとはいくつのやり方があるかな?と考えます。


・ただ音符を読むだけ。音は出さない
・譜面にそって音を出していくだけ。表現はスルー
・表現をどうするか考える、音出さずイメトレのみ。
・今回のようにすべてを含めさらう


僕としては上記を一つ一つ順番にさらっていくのが、分かりやすくていいかな。

「今はこの目的のため!」

やることがハッキリしてるからこそ、得られる情報が増えると思うんですね。

そして何よりからだの動きが良くなるんですよ。

次のことを試してもらいました


「初見演奏と思ってやってみて!この部屋にいる人がお客さん、みんなもいることを含めてやってみてー」

譜面をさらう→演奏するに変換し目的をハッキリして演奏してもらいました。

 

そうすると、最初に起きていた1.2.3はピタッとなくなりました。

首をかしげるのもなく、右側だけに乗ることなく、目はしっかり開いている。

何より音が違う!

すごくスムーズな立ち上がりで、スラスラと進んでいくのよね。

見ていた生徒さんと驚きましたね!

ご本人も演奏しやすいようで、この流れから新しい発見があったようです。

譜面をさらう時は、何より自分が動ける状況を作ってあげるのが最優先!

そこで覚えておきたいのが、

1つ1つ順番に自分が理解できる中で丁寧に進めていくこと。

 

セミナーでやってる「緊張」も少し似ています。

緊張ということがそもそも曖昧です。


「実際に何をもって緊張していると感じたんかな?」

「何に反応しているのかな?」


それを一緒に見つけて、新しい選択肢もあることを持って帰ってもらう。

そんなレッスンを心がけていつもベスト目指しております。

山口裕介 USK

【入門講座開催中!】


BODYCHANCEスタジオで入門講座を開催しています。
僕が教えているベーシックコースに混ざって参加できます。

もちろん入門なので、楽器なども持参いただいてレッスンが受けられます。

リンク先はBODYCHANCEのホームページになります。
そこからのお申し込みとなりますが、興味あればぜひご参加ください。

BODYCHANCE入門講座
http://www.alexandertechnique.co.jp/basic-course/intro-tokyo/


【7日間のメールレッスン!無料メルマガのご案内】

山口裕介 USKの「演奏がもっと輝くアレクサンダーテクニーク」メルマガです。
登録いただくとまずは7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。

 下の画像をクリックしていただくと登録ページへ移動します。

USKメルマガ のコピー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る