どうすれば簡単に演奏しやすくなるのか?

fa4377735ba30f73730c648c0f43bf70_s

どうも、山口裕介 USKです。

「ステージでどうやったらいつもと同じように演奏できるようになるんでしょう?」

よくレッスンで質問をもらいますが、同じように考えたことはありませんか?

僕も緊張して大変だったなーと思い出します。今も緊張して手は震えますしね。

でもどんなに緊張しても動きやすくなる方法があります。

今日はそれにつながる話をさせてもらいますね。

<どうやったらもっと簡単に!効率的に動ける方法がある>

どんな行動でも色んな方法があります。

たとえばイスから立つのであれば、

・ひざに手をつきながら立ち上がる
・真上に伸びるように立ち上がる
・片足だけに体重を乗せて立ち上がる
・よいしょと反動をつけて立ち上がる

どれが良い悪いで考えなければまだまだ出てきそうですね。

こんな風にいろんな「立ち方」「座り方」があります。

それは、人間がすばらしく柔軟だからです。

柔軟なので、同じ行動でも、
いろんなやり方でやることができる。

意外と気がつかない落とし穴

でも普段はけっこう自分が「どうやって」その動作をしているか、意外と気がついていないんですよね。

例えば、今ここまでどんな風に読み進めていますか?

スマホで読んでいただいてるなら、どっちの手でどれくらいの力で?
脚はどんなことしているかな?

何気なくやれてしまうことほど、注意を向けなくてもできてしまいます。

それほど優れた人のシステムなんですが、「できちゃう」これが落とし穴になります。

その動作をするために、

・自分がどれくらいの力を使っているか?
・どんな筋肉を動かしているか?

これを把握していないことがあります。

望んだ結果を得ることができる動き方や、

やり方のバリエーションがたくさんあるときに、

一体どのやり方が、

「最も簡単にできるのか?」
「最も効果的なのか?」

これを前もって知ることができたら、便利ですよね。

もっと言うと、

「どうすればカンタンにできるか?」

ということです。

自分自身に不必要なプレッシャーや力みをかけずに、必要なだけの動作で動くにはどうしたらいいか?

可能な限り、かんたんに、望む結果を得るにはどう動けば良いか?

BODYCHANCEのレッスンはこの「どうすればカンタンにできるか」を追求していると言ってもいいかなと思います。

さて、「どうやったら簡単に、効率的に動けるか?」ということに大事な要素2つをご紹介します。

<1.身体の構造を知ること>

身体の構造を知るとは、「それぞれの関節がどこにあるか?」といったようなことですが、これは「解剖学」を学ぶということとは少し違います。

もっと実践的なことになります。

関節が実際にどこにあるか、という構造と「手を組む」という方が近いですね。

自分の身体が、実際にはどのような構造なのかを知ると、動くときに力んだり頑張ったりしなくても良いようになります。

実際に身体で起こる動きと手を組んで、自然な動きを邪魔しないようになるからです。


<2.動作の構造を知ること>

これは、今からしようとしているその動作、行動が実際にどんな動きなのかを知ることです。

「動きの分析」と呼ぶこともあります。

この2つの要素、身体の構造の分析と、動きそのものの分析をすることがポイント!!

そしてそれを動くときに使うことによって、私たちの動作や行動が、より簡単に効率的になるのです。

そうやって自分のからだと手を組んでいくことで、痛みや余分な緊張が結果的に減るので日常生活や仕事でもけっこう過ごしやすくなりますよ。

アレクサンダーテクニークのレッスンは自分にもっと優しく、からだに優しく、やりたいことがカンタンにできるようなプロセスを学びます。

今どんな悩みがあって解決したいことがありますか?

僕はあなたの望んでることがうまくいくための糸口を一緒に見つけるお手伝いをさせてもらっています。

山口裕介 USK

【入門講座開催中!】


BODYCHANCEスタジオで入門講座を開催しています。
僕が教えているベーシックコースに混ざって参加できます。

もちろん入門なので、楽器なども持参いただいてレッスンが受けられます。

リンク先はBODYCHANCEのホームページになります。
そこからのお申し込みとなりますが、興味あればぜひご参加ください。

BODYCHANCE入門講座
http://www.alexandertechnique.co.jp/basic-course/intro-tokyo/


【7日間のメールレッスン!無料メルマガのご案内】

山口裕介 USKの「演奏がもっと輝くアレクサンダーテクニーク」メルマガです。
登録いただくとまずは7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。

 下の画像をクリックしていただくと登録ページへ移動します。

USKメルマガ のコピー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る