少しのアドバイスでこんなに変わるとは思わなかった@緊張を味方につけるセミナー体験談より

13559038_1047137258697822_8282327706228562690_o

こんにちは、山口裕介 USKです。

さて7/3に開催した緊張を味方につける「からだの動き」セミナーは満員御礼となりました。

ずいぶん前から申込をいただいた人も多く、やる気満々で参加してくれた感じは僕にはしました。

すごく嬉しかったですねー。ノリノリで最後までめっちゃいっぱい喋りまくってしまいました♪

頭から脚まで一気に動けるための厳選したからだの情報をお届けしました。

その一部の写真です!!


13438924_827969743999780_9165700419681298289_n 13528255_827969757333112_5519123495479167143_o

 

また8月6日もあるので、こりゃ楽しみになりそうです。

さて参加いただいた方よりアンケートに答えていただいたので、ご紹介させてもらいます。

 

SAX 村田 隆さん

「セミナーへ参加した動機やきっかけはどんなことですか」

小さな音がきれいにでない。

「セミナーに参加されて、悩みや望みを解決するアイデアは得られましたか?またどんな体験をしましたか?」

はい。
今後に生かすアイデアは、股関節を動けるようにする。
以前からFacebook等で興味を持っていたけど、少しのアドバイスでこんなに変わるとは思わなかった。

ユーフォニウム S・Mさん

「セミナーに参加されて、悩みや望みを解決するアイデアは得られましたか?またどんな体験をしましたか?」


はい。
今までの考えが自分よがりで、いろいろチャレンジする事を忘れていたかも。
いろいろ試してみます。
何をするのかも分からずの参加でしたが、とても楽しかったです。

司会・ナレーション Y・Kさん

「セミナーへ参加した動機やきっかけはどんなことですか」
司会やナレーションの第一声の緊張をとりたかったため

「セミナーに参加されて、悩みや望みを解決するアイデアは得られましたか?またどんな体験をしましたか?」

はい。
自分のタイミングを作るというアイデアがとても良かった。効果を体感できた。
1人1人見て、指導していただけてとても良かった。
全員に共通のテーマなので、他の人へのアドバイスも参考になった。

歌唱ソプラノ K・Nさん

「セミナーへ参加した動機やきっかけはどんなことですか」

本番時や仕事で上司と話す際によくキンチョウするなあと思ったので。

「セミナーに参加されて、悩みや望みを解決するアイデアは得られましたか?またどんな体験をしましたか?」

はい。
身体のここを使えば(又は意識すれば)もっと身体が動くなあとか、周りの状況や自分の内/外を確認することで、少し落ち着いて演奏できました。
腕や脚はここを支点で、ここから動く、ということを今日初めて知りました。
これでもっと身体の緊張感もほぐれると思います。
ありがとうございました。

テナーサックス J・Yさん

「セミナーへ参加した動機やきっかけはどんなことですか」
本番の出だしで音がしょぼくなる。

「セミナーに参加されて、悩みや望みを解決するアイデアは得られましたか?またどんな体験をしましたか?」

はい。
今後に生かせるアイデアは、直前に頭が動いてから体も動いて、特にひざと股関節を動かし続ける。
音を出し始めても続ける。
音が最初から良く出るようになった。
通常のベーシックコースだと細ぎわなので、まとまって説明・体験できてよく理解できた。

———————-
今回、参加してくださいました皆さま、充実した学びの時間になりました。

本当にありがとうございました。

またぜひお会いしましょう!!

山口裕介 USK

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る