音楽と向き合う=自分の人生と向き合う

8f133aa92418743b00046f7fdb6f3629_s

どうも、山口裕介USKです。

今日は視点を変えてみると、どんな結果につながるか?

例として、

・演奏する時、歌う時ってどんな気持ちになるかな?
・どんな音になるのかな?
・どんな方法やアイデアが浮かぶかな?
・やめれなかったことをやめる糸口が見つかるかな?

いつもと違った結果になればいいなと思って大きな視点で書いてみました。

音楽のことを考えるのはこの先の人生を考えること


「今はどんな音楽をしていますか?」

「楽しみに練習をむかえていますか?」

「本番が待ち遠しく過ごせていますか?」

自分がどんな音楽をしたいかな、どんな演奏してたら楽しいかな?

そうやって音楽のことを真剣に考えるのは、これから先の生き方を考えるのと同じことなんじゃないか!?

音楽と向き合う=自分の人生と向き合う


今回は、この広い視点で考えてみると、どんな結果になるかの提案です。

「辛くても頑張って乗りきる!」

それも1つの選択ですし、僕はもともと根性論タイプなので今でもしっくりきます♪

ただ今回の視点から見るとどうでしょう?

音楽 =人生なので、「辛くても頑張って乗りきる人生を歩もう」としてることになる。

「自分に合わないのに、我慢して続ける」

そんな風にも聞こえてしまう。


自分に合う方法はないのかな?


どんなやり方が正しいかではなく、あなたに合う方法がないのかな?

我慢して、割り切って別のことでストレス発散して、「世の中こんなもんじゃないの?」なんて感情を隠してしまったり。

そうやって気持ちを押し込めて続けるのが、本当にやりたいことなんかな?

もしそうでも、ここまで音楽を続けてきてるわけでしょ?!

十分すごいことやと思うし、しっかり向き合ってきてると思うねん。

ただ自分の人生なんやから、もっとワガママにしてもええんちゃう?

やりたいように歌って、演奏したらええんちゃうの?

今のとは別の方法がないか探してもいいんじゃない?

音楽=生き方のことにガッツリとしっかりと向き合えば、どんなことでも試したらええと思うよのねー。


この視点で今日の音楽をしてみるとどう?


今の人生の中で、スポーツ選手でもなく、ダンサーでもなく、音楽を選んだわけでしょ。

どうせならハッピーに歌って演奏していくほうがええよね。

「どうせ自分じゃ無理!」
「このままでいいんじゃない」
「やっても変わらないから・・・」

割り切って諦める前にまだまだやれることあるんよな。

もっとワガママ言っていいし、本当にやりたいことのために動けば見つかるもんはあるんよね。

どんな小さなことでもええから、1つ動けば、いつもとは違うはずよなー。

「音楽に真剣に向き合うのは、人生と向き合うのと同じ!」

変わりたいと思う気持ちがあれば、動き出すエネルギー源として、この考え方で今を見れば何かやれることが見えてくるんじゃないかなー。

この視点で今日の音楽をしてみると??

どんな演奏になってどんな気持ちになるんやろね♪

山口裕介USK



【7日間のメールレッスン!無料メルマガのご案内】

山口裕介 USKの「演奏がもっと輝くアレクサンダーテクニーク」メルマガです。
登録いただくとまずは7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。

 下の画像をクリックしていただくと登録ページへ移動します。

USKメルマガ のコピー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る