緊張した時に考えてみてね!

18740419_1353369454741266_5133163329775414525_n

さて、今回ツイッターでつぶやいてみたことが意外と反応いただけたので、メルマガでもお届けしますね。

緊張した時に、僕がよく考えていることの1つです。

この前、またテレビ番組での演奏の仕事がありました。
2回目なので、緊張しないかと思えばそれは儚い夢でした。

ちなみにこのブログの写真はサポートしている「カルメラ」メンバーと岡山へライブしに行った時の一コマです。

テレビの写真を載せたいけど、緊張しているからそれどころじゃないってのがわかりますね。

前に使ったプランは新鮮さが減り微妙でしたね。

前回のプラン:
緊張に飲み込まれないために考えずにいられない「頭の中の整理の仕方」

なので、今回はこんな感じで取り組んでみました。

まずはTwitterでつぶやいた内容をご紹介。


気軽にフォローしてください♪

そうです、緊張は毎回同じではないってこと!
似たようなことはあっても、微妙に違うんですよね。

だから少し時間をとって、「今日はどんな緊張なのかな?」と考えてみました。

緊張は突き放すのではなく、時間をとって付き合ってあげるのが1番なんですよね。

違いを見つけていく過程では、できるだけ今の状態を見ています。

緊張していることより、自分の体や考えについて、今その場にいることにフォーカスできるので、「集中している」状態とも言えます。

今起こっている情報が集まってくるからこそ、落ち着いてくるわけです。

その逆が不安を大きくしてくれるんですよね。

曖昧にしたまま、見ないようにする、逃げるなどするのは逆効果なんやろうなと僕はレッスンで伝えています。

またはどうせ逃げるなら全力で!とも言ってます笑

そんな訳で緊張との付き合い方がまた一歩進んだ気がしますね。

アレクサンダーレッスンは1つずつ順番に考えていくプロセスを大事にしているので、こういった発想も思いつきやすくなってきています。

またこういった内容をメルマガで配信するので、よければご登録ください。

山口裕介USK


【7日間のメールレッスン!無料メルマガのご案内】

山口裕介 USKの「演奏がもっと輝くアレクサンダーテクニーク」メルマガです。
登録いただくとまずは7日間「緊張を味方につけるためのヒント」が1つずつ届きます。緊張や不安をどう味方につけるかの選択肢を持っておくことで、本番を楽しむための協力なサポートになります。

 下の画像をクリックしていただくと登録ページへ移動します。

USKメルマガ のコピー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る