「何がやりたいのか、それがとても大切」吹奏楽部レッスン 〜打楽器編〜

1975189_620378731373679_1202604018_n-2

少し前になりましたが、

大阪国際大和田中学・高等学校の吹奏楽部へ出張レッスンした時にいただい体験談想を紹介します。

今回は打楽器奏者とのレッスンの話。

紹介させてもらう感想文の中にもあるように、

身体を固めて動きを制限してしまう傾向が、

2つポイントとして出ています。

 

①楽器を見た瞬間に目→カラダがロックON状態

②姿勢は真っすぐ、重心はしっかり下にという声かけ

 

①の場合だと、

スネアを叩く!!って考えた瞬間に、

目がスネアにロックONして固まることで、

首の後ろも固まって頭の動きを止めてしまいます。

首固めて演奏すると大変なんですよ。

試すとすぐに分かるけど、オススメはしません(笑)

 

②の場合だと必要以上に背中を伸ばす、

身体を下に引っ張ったり足を踏ん張ったり、

結果、身体を固定しようとします。

レッスンすると見えてくることも、

普段は無意識的に自動運転になってしまって、

見えてこないもんなんです。

 

演奏しようと思ったその瞬間に、

 

「カラダは何をしてるのか?」

「しようと思う前と違いがあるのか?」

「気持ちの変化はあるのか?」

 

ぜひ一度考えてみてください。

 

 

例えば、

・楽器の前にどのように立つのか?

・楽器を見ることはどれくらい必要なのか?
(そんなに見つめなくてもいいかも?)

・どうやって立ってる?

・腕を振り上げる時どこから動いてる?

 

 

こうやって、

何となくできてしまう動きについて、

新鮮な気持ちで質問してみてください。

 

 

それと大切なのは、

「そもそもなんで音楽をしてるのか?」

 

いつのまにか忘れかけてた気持ちがあるとすれば、

ラクにやりたいようにカラダが動いて、

演奏できることが分かってくると、

楽器を初めた頃の楽しみが沸き上がってきますよ♪

 

 
パーカッション体験談
<パーカッション 高校2年生>

・叩くときにlock onしない(叩くんだ×)
・叩こうと意気込んで立たない

1,近づいた時にSDだけ見ずに遠くを見る
2,頭はもっと上の方(意識)
3,ゆらゆらゾーンへ(おさるさん)
4,もう1回前を見る
5,指(バチの先)で叩くあたりを指す
6,lock on ×
7,頭は上の方
8,叩く
9,なれるまでまず続ける

太鼓だけ見なくても視覚にあれば良い
特に4,6,7を意識と、動く重心を意識

何がやりたいのか、それがとても大切だと思ったし、管でもPercでも共通していることが多いし、後輩を見るときに、「今、何考えてる?」とか、「今、何した?」とか、聞いたら良いと思いました。

叩いていたら、腕が動きすぎてしまうので、それをコントロールする力を身につけたいと思ったし、慣れてすぐにあの叩き方ができるようにしたいです。

 

<パーカッション中学1年生>

レッスンで速いテンポ(120で6連符)でやったら腕が固まると言ったら、重心を足全体にするというのとさらに重心は動くんだ。

というのを意識するとよう言われて、そうしたら固まるのがましになってやりやすかったので、これからもそうしようと思います。

 

<パーカッション中学1年生>

レッスンを始めるときに、レッスンをやるかやらないかも自分自身で選んでいい、どこでやるかも自分で選べると仰られてそれがおもしろいというか、全く自分に無かった感覚だなと思いました。

目を閉じて片足立ちしたり両足で立ったりすると自分が揺れてしまうことが分かりました。人間が止めれないということを仰られていて、自分は無意識に叩く時に動きを止めてしまっていたのかなと思いました。

足の裏全体に体重をかけると自分がすごく前のめりになってしまっている気がしたのですが、見た目は別にそんなことはないというのが分かり、無意識で胸をはってしまう、後ろに重心を持ってきてしまうクセがあるとわかりました。またそのためにだいぶ机に近づいて叩いてしまっているとわかりました。

 

 

パーカッションの3人さん、

体験談ありがとうございました。

 

自分の演奏をさらに磨きたい方は体験レッスンへお越し下さい!!



音楽家向けアレクサンダーテクニーク入門講座を開催中!!こちら

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

USK 山口裕介BODYCHANCEアレクサンダーテクニーク教師

1980年生まれ 大阪府出身

BODYCHANCE
教師養成コース担当
アレクサンダーテクニーク教師
大阪芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師 

この著者の最新の記事

関連記事

教師プロィール

13217196_1023714781040070_3212015033416525516_o 教師プロフィール:山口裕介USK 2013年に教師資格を取得し、2年でおよそ3500人・200回以上のセミナーを行なう。詳しくは→こちら

演奏がもっと輝く!無料メルマガ配信中

USKメルマガ のコピー

要チェック!

いがっちょさんバナー たなしんバナー のコピー スキアさん体験 56ba92e7e3aecc75c50ad59a4e557716-300x200
ページ上部へ戻る